2017年02月18日

星逢ライビュ戦は一勝一敗一分け…?

中日劇場『星逢一夜/Greatest HITS!』のライブビューイングチケット一般発売に参戦しました。
結果。何とか、自分の分も娘の分も確保できた!良かった〜(^^)
ただし、自分の分に関してはちょっと失敗したかな…と言う気も……。

私はライビュは基本的に新宿で観ます。ここが一番近いので。ライビュの後に出待ちとかに行こうと思っている時は、可能であれば日本橋で観たいんだけれど、そう思う人は多いようで日本橋の会場はなかなか当たりません。第二希望で入れる六本木の方が取れるかな。

で、今回のライビュも新宿で観たいと思い参戦したんだけど。
最初に繋がった時点では新宿会場の全座席みんな◎ついていたのに、いざ枚数入れて申し込みの段になると希望枚数がご用意できませんってなっちゃって。
しょうがないから自分の分はいったん置いといて娘の佐賀会場を申し込んで、こちらはすんなりGET。ちなみに今これを書いている時点でも、九州の会場は福岡の2会場以外はまだ大丈夫なようですよ。

娘のを申し込んだ後にもう一度自分の分にチャレンジ。
新宿以外のそれこそ日本橋だとか六本木・渋谷、今まで申し込んだことの無い日劇とか見てみたけれど、どこも×。
もう一度新宿を見てみたら、通常の席は×だったのだけどプレミアBOXシートが△になっていたのでチャレンジ。が、あえなく撃沈…。
リロードをかけてみたらば、今度はラグジュアリーシートが△になっていて、どうせダメだろうなと思いつつチャレンジしたら、取れちゃった。
一般席が4300円なところ、ラグジュアリーは7500円ですよ…(^^; 二番手価格の別箱見るのと変わらない…。中日劇場のA席と500円しか違わないって、なんか微妙な気分だけど、オペラ無しで大画面で見られるからいいか…。一度あのゆったりシート座ってみたかったし。と自分を納得させたんだけど。

何気なく会場選択画面に戻ってみたらば、まだ錦糸町が◎で残っているではありませんか。
まぁね、◎表示になっていても実際申し込んでみたらダメだったってパターンはよくあることではあるけれど。それでも、4300円で観られる席が手に入ったかもしれない…と思った時には、新宿会場、早まったか!?と思いましたね〜。

普段、新宿・日本橋・六本木で観ている私ですが、実は錦糸町も通い慣れた場所ではあるので、選択肢に入れていてもおかしくは無い会場でした。でも全くそっちを考えていなかった…。新宿に空きがある、それ!って勢いで取っちゃった。
もう少し落ち着けばよかったかな〜〜。人間、焦りは禁物だよね〜(^^;

でもまぁ、ラグジュアリーもね、あんな席滅多に座れません(座らない)からね。
精神的にキッツイお芝居ですから、肉体的には楽〜〜な状態で観るのも悪くないかもしれません。
ちなみに、TOHOシネマズ新宿のラグジュアリーシートってこんな感じ。豪華すぎるやろ……(^^;
luxury.JPG

考えてみると、プレオーダーに申し込んでいたら、この席には座れなかったんだよね(プレは一般席のみ)。そう考えると、ある意味ラッキーだったのかも…?
何事もポジティブに捉えないとね!(^^;


最近公開された、公演関連の記事です。

産経WEST【華麗なる宝塚】:こんな日本人おるかい!という感じ出せたら…朝夏まなと、実咲凛音退団公演「華々しく見送りたい」
http://www.sankei.com/west/news/170217/wst1702170008-n1.html

産経WEST【華麗なる宝塚】:実咲凛音、自身の中に感じる“お笑いのDNA” 掛け合い漫才のような朝夏との日常会話、退団公演で集大成
http://www.sankei.com/west/news/170218/wst1702180006-n1.html



posted by KUMAMA at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

GRAPH 2017年2月号

GRAPHの話の前に、『THEME SONGS2016』のBlu-rayの話をしようか。
2016年版の『THEME SONGS』が4月14日に発売される告知が出ましたね。宙組はメイントラックに『Shakespeare/HOT EYES!!』と『エリザベート』、ボーナストラックに博多座『王家に捧ぐ歌』『ヴァンパイア・サクセション』『Bow Singing Workshop』『バレンシアの熱い花』『双頭の鷲』がラインナップされております。

でね、『エリザベート』ですよ、問題は!
『最後のダンス』が入っていないの!『闇が広がる』が役替わり3パターン全部入るのはとっても嬉しいんだけど、『最後のダンス』が無い!
特集ページのエリザのところの画像には軍服姿の閣下がいらっしゃるのに、なのになぜ『最後のダンス』が無いの!?うううっ(涙)詐欺じゃん…(涙)入らない歌の場面の画像使わないでよぅ…。
『最後のダンス』入っていたら迷わず購入するんだけど、ちょっと…要検討……。
はぁぁぁ〜カッコいい閣下の『最後のダンス』(できれば東京宝塚劇場千秋楽バージョン)が見たいよう……。



と、言うわけで、GRAPH2月号の感想です。3月号が発売される前にアップしないと…!と焦っております(^^;

<表紙/Cover Special>
こっちゃん(礼真琴)とゆうみちゃん(咲妃みゆ)の2ショット。柔らかい雰囲気でいいですねぇ。
中の黒いお衣装はお揃いのデザインなのね。
この二人の関係性(コンセプト)は何なのだろうな…と考えてみた。
恋人同士という雰囲気はあんまりしない。先輩後輩ともちょっと違う。仲の良すぎる兄妹、例えば年子(学年的にも)とか2卵性の双子とか。そんな感じなのかな?と思ったり。


<ANYTHING 紅ゆずる>
紅さんの好きなもの、『ロココ調に模様替えした自分の部屋』……。ロココ調の部屋……何となく落ち着かなさげな雰囲気…。いや、これは私の個人的な感想だけど(^^; 紅さんはそれが好きでテンション上がると言っているんだから、それでいいんだけど。
でも、自分の部屋でテンション上がってたら、やっぱり疲れないか……?(^^;;;


<サヨナラ対談 花乃まりあ×明日海りお>
まだ若いうちに抜擢を受けて組替えで娘1就任というのはみりおん(実咲凛音)も同じだったけれど、彼女には同時に同じ組から組替えになったまぁさまと言う頼れる人がいたし、歌・芝居・ダンスともに納得の実力での就任だったと思う。
でも花乃ちゃんは、たった一人の組替えで(まぁ、通常はそうだけど)、抜擢は受けていたけれどまだ海のものとも山のものともつかない状態だったし、色々あった期であるという事もネックになっていたし、何よりも『明日海りおの相手役』という事で、必要以上のプレッシャーがかかっていたのでしょう。
あれだけ粒ぞろいで選り取り見取りな花娘を差し置いての就任というのも、めちゃくちゃ大きなプレッシャーだよね(^^;

きっと、表には出ないまでも妬みや嫉みからくる嫌がらせまがいの事もあったのではないかなぁと想像しちゃうんだけど…(女だけの集団はコワイ……)。
そんな花乃ちゃんに対して、みりおちゃんは甘やかして守るのではなく、厳しく接することで守ってきたんだなぁと実感する対談でした。
相手役であるトップスターが、誰よりも厳しく接していれば他の人は何も言えないし、逆に「大丈夫だよ」ってかばってもらえるものね。
まぁ、みりおちゃん自身の相手役に対する理想の高さというものもあったとは思うけど。

『エリザベート』のフィナーレでエトワールをやっていた花乃ちゃんは正直なところどうしよう…って思ったものだけど、2度目の『アーネスト イン ラブ』のグェンドレンを経て『ME AND MY GIRL』のサリーではじけてそして『金色の砂漠』タルハーミネで大きな花を咲かせた花乃まりあという娘役さんに敬意を表したいと思います。
みりおちゃんも、『今光源氏』のように手塩にかけて育てた娘1の卒業を誇らしく思っていることでしょう。

花乃ちゃん、卒業おめでとう。


<flourish 実咲凛音>
みりおんはどんどんきれいになっていくね。宙組に来た最初の頃は素化粧もまだ垢抜けなくて、舞台メイクももうちょっと頑張ろうか…だったのが、今はホントにキレイ(^^)
彼女に関しては、かなめちゃんが厳しく育てたものが、まぁさまの太陽に照らされて開花したものと思っているので、今のみりおんがあるのはかなめちゃんのおかげかなって思ってます。
なので、お気に入りの舞台のあれこれに一個もかなめちゃん時代のものが入っていなかったのがちょっと残念…。ま、わからないでもないけど(^^;
『TOP HAT』のデイルのフワフワドレスをもう一度着たいというほど好きなのだったら、サヨナラショーで着ればいいよね。
お芝居(お話)として『TOP HAT』をスカステ放送するのが無理でも、『Cheek to Cheek』なんて、色々なショーで使われいる曲で普通にスカステで差し替え無しで放送しているのだから、是非サヨナラショーでもう一度あのステキなデュエットを踊って欲しいなぁ。


<瀬戸かずや、お稽古中>
入りのメガネアニキもめちゃくちゃカッコいいんだけど、お着物姿がほんとリアル男子!ホント、エエ男やぁ〜〜〜(*^^*)


<宙組全国ツアー バレンシアの熱い花/HOT EYES!!>
あぁ〜懐かしい〜〜。まぁさまの「アモーレ…!」にキャーってなった記憶が…(笑)
フェルナンドの最初の軍服さ、思うんだけどアレ、襟が高すぎるよね…。あの高さの襟だと結構詰まっちゃって、苦しそうに見えるんだよね…。
まぁさまは襟元がVに開いているのが最高に似合うなと思ったお芝居の方のお写真の数々。
そして『HOT EYES!!』!新調のフィナーレの白いお衣装、ほんとに好き!でもって、まぁさまはサークレットがとにかく似合う!!
いつもいつも、サークレットする時の高さのバランスが最高!あんなにサークレットの似合うジェンヌさんも珍しいのでは…?これはもう、『サークレット先輩』とお呼びしなければ…!(笑)


<The Costume>
みりおちゃんは『雪華抄』の熊鷹のお着物を紹介。鳥さん苦手でも、鳥さんになるのは大丈夫なのね(笑)
始めて観た時は、結構ぶっ飛んだデザインだよなぁ…と思ったものでした。

花乃ちゃんは『金色の砂漠』からタルハーミネの婚礼衣装。
キレイだったよね〜あのお衣装。でも、だんだんと部分的にドーランで汚れていってしまうのが残念でした。白いお衣装は難しいよねぇ…。特に今回は黒塗りだったしね…。


<ANOTHER STAGE>
子供のギィがピピの膝に縋って「ピピも!?」って言うところがめっちゃかわいくて好きでした。 その場面のお稽古写真があって、何となく俺得な気分(笑)
あとね、子供タルハーミネとギィがナルビス先生を突き飛ばしてきゃっきゃうふふと走り去るところの写真の二人が何ともカワイイ!砂漠だけどお花畑が見えるようでしてよ!?(笑)


<そらかずきのかずかずの記録>
今年の同期紹介は96期、そしてナビゲーターは『ボキャブラリー増やします』なそら(和希そら)。
大丈夫なのか?って一抹の不安を覚えながらも、同期とのコーナーだし、そらが文章書くわけでもないし(『文・和希そら』ってなっているけど、あれって最後の調査結果のところだけだよね?トーク部分はテープ起こしでしょ?)、お手並み拝見と言ったところ。
第1回目ゲストは花乃ちゃんだったけれど、花乃ちゃんとそらがそんなに仲が良かったなんて知りませんでした。花乃ちゃんの組替えが決まった時に、上級生に二人が離れることを心配されるほどって、相当なものだよね。
今回の仮装、結構楽しめました。目玉焼き・そらかずき…(^^; 花乃ちゃんも娘役なのに肉布団着て……。仲良し姉弟コンビですね!


<Special Portrait 真風涼帆>
リアル男子がここに……。




posted by KUMAMA at 23:59 | Comment(0) | 歌劇/GRAPH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

2周年その2とポケカレあれこれ

まぁさま、トップ就任2周年、おめでとうございます!
この2年間、様々な素晴らしい作品の数々で楽しませていただきました。3年目のこれからも、充実した日々を過ごされますように…。


ふと気づくと、キャトルレーヴのHPに今年のポケットカレンダーの画像が出ておりました。
まぁさまはトート閣下。シシィの結婚式の時の閣下ですね。悪くはないんだけど、『最後のダンス』の軍服の閣下とか、シシィにフラれて切ない表情の閣下とかルドルフ蹴り飛ばして俺様な閣下のが良かったなぁと思ったり…。そっちの方がお衣装がステキだし。
2年続けてワタシ的に物凄くヒットなお写真のポケカレだっただけに、今年はちょっと残念…。
買うけどね、もちろん!

その他気になるものを。
だいもんちゃんは『Greatest HITS!』の鏡の場面ですね。色っぽいお写真だけど、これもなんか「コレジャナイ」感がそこはかとなく……(^^;
かいちゃんは『桜華に舞え』のプロローグの総髪ポニテのお写真。これはカッコいい!かいちゃんのポニテは正義!(笑)

みりおちゃんは『金色の砂漠』の宴で跪くギィ。厳しい表情がオトコマエです。
あきら先輩がね〜、『金色の砂漠』フィナーレプロローグの紫のお衣装のやつなんだけど、これよりは『雪華抄』中詰めの大漁歌い込みのオトコマエなあきら先輩の方が良かったなぁ〜。あのターバンはあんまりカッコよくないんだもん…。
その点マイティのはその中詰めのお写真で、色っぽいなぁ〜〜(^^)

ちぎちゃんが『ザ・男役!』なスーツ姿で、めっちゃカッコいい!最後のポケカレがこれって、シンプルだけどすごくちぎちゃんらしくていいと思います。
あっきーのが、『エリザベート』フィナーレ階段降りのルドルフなんだけど、めちゃくちゃ優しくて柔らかい素敵な笑顔! 役替わりの舞台写真で同じようなのあるけど、体の向きがちょっと違うのね。どちらもいいお写真(^^)
みりおんは安定のシシィ鏡の間のドレスだけれど、凛とした佇まいがステキです。
そらの黒天使もステキです。後ろに結構はっきりくっきり黒天使ゆいちゃんが写り込んでいるので、ゆいちゃんファンの人も買いかも…!?

最後に………。
ベニ子さん……。トップさんとして最初のポケカレがソレでいいんですか……!?(笑)
その他のトップさん4人がみんなシリアス路線なのに、ベニ子さん一人お笑い路線で…。
いや、まぁ、ベニらしいと言えばそうなんだけど…舞台写真でほとんど同じのあるじゃん(^^;


で、ですね!問題なのは発売日です!なんですか!?2月21日(火)って!朝から並べないじゃないですか!!月組の東京公演初日に合わせたんだろうな…とは思うんだけど!
やっぱりね、売れ筋商品は土曜日に発売開始してほしいと思うわけです。平日だと仕事帰りにしか買いに行けないのに、欲しいものが売り切れちゃってたらどうしてくれるんだ…!
う〜〜ん……。火曜日の授業がほとんど無いって言う娘に博多店まで買いに行かせようかな……。



posted by KUMAMA at 23:59 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

2周年

2年前の今日、2015年2月15日、かなめちゃんが宝塚を卒業しました。
それから丸2年。彼女もすっかりきれいなお姉さんになって、そして丸く(雰囲気がね)なって。
去年のかなめちゃんのブログでは、退団一周年には触れられることなく翌日か何かにすっかり忘れてた〜振り返っている暇はない…的な事を書かれておりました。
対して今年。自ら2年目に触れ、当日の写真(フェアウェルパーティーをしたホテルでしょうかね?)もアップされました。
変わったね〜。いろいろと吹っ切れたものがあるんだろうな…と推察します。

男役の鎧をまとった硬質な雰囲気の彼女が大好きでした。オフのふにゃふにゃ感とのギャップもね。
今のキレイなお姉さんももちろん好きです。
ただ、どうしたって現役生だったころに比べてしまえば、こちら側のスタンスも変わるし、熱も冷めてくるよね。
冷めたと言っても、現役の頃の熱が38度くらいだったとすれば、今は平熱から微熱くらいに落ち着いた…と言うところでしょうか。
ゆるく長く見続けて行きたいな……という気持ちです。

去年の今日のブログを読み返してみたら、入り出のギャラリーをした時の様子を綴っていましたねぇ…。
今でもはっきりくっきりと思い出せる、フェラーリのオープンカーを自分で運転してきたかなめちゃんの様子。すっごいインパクトでした。
かなめちゃん以降退団のトップさんで、劇場前に車で乗り付けた人はいないよね、確か。
そう思うと、何とも派手でバブリーな入りだったなぁ…(笑)

退団公演(サヨナラショー)のライブビューイングではありえないくらい泣いて、隣の娘にドン引きされたのもいい思い出(^^;
今でも『PHOENIX宝塚!!』の東京千秋楽の映像を娘と一緒に見ると、サヨナラショーとか退団挨拶のところで娘にチラ見される(笑)

先日、『EXCITER!!』の映像がどうしても見たくなって録りためているBlu-rayをひっくり返して見ていたのですが、同じDiscに『PHOENIX宝塚!!』東京千秋楽も入っていて、久々にそれも見てみたんですね。
そしたら、黒燕尾でかなめちゃんとまぁさまのデュエダンの後、ハケて行くまぁさまが立ち止まってかなめちゃんに一礼していくところで涙が……。
あれ、前楽と楽でしかやっていなかったはず。あのまぁさまがすごく好きだなと思った記憶も蘇りました。

さぁ、明日はまぁさまのトップ就任記念日。こうして歴史は刻まれていくのね…。

かなめ.jpg かなめ4-2.jpg まぁさま3.jpg
2周年記念に、フェラーリを運転するかなめちゃんと、かなめちゃんにローブを着せかけるまぁさまと、入りの優しい笑顔のまぁさま。



posted by KUMAMA at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

バレンタインはいかがお過ごしでしたか?

今日はバレンタインデイでしたね。皆さんはどなたかにチョコを贈ったりしましたか?
雪担(ちぎみゆファン?)は朝っぱらからちぎちゃんの「来いよ!」アクションに心ときめかせていたようですね〜〜(笑)

今朝見たニュースバラエティ番組によると、最近は好きな人にチョコを渡して告白…と言うのは少ないんだそうです。それって『昭和っぽい』んですって(^^;
本命チョコを渡す相手は、すでに付き合っている彼氏。それ以外は『友チョコ』とか『自分チョコ』が購入内容の大半を占めるんだとか。

後、男性も友達に配るようにチョコ購入したり自分で作ったりしてるそうな。
私が初めてバレンタインチョコを購入したのは多分小学校の高学年だか中学生の時でしたが、その頃はハート形のチョコにメッセージを記入してもらうのが流行っていたっけ…。
うん、確かに昭和っぽい(^^; 今ではそんなの全く見かけなくなりましたものね。少なくともデパートなどで購入するものには。

私は今年は、4日にあったまひろくんのお茶会にプレゼントとして持って行くように購入したのみでした。そう、まぁさまには無し(^^;
考えてみれば、去年も無かったな…(^^;

なんかね、どんなのをあげたらいいんだろうって悩んでいる間に時期を失ってしまうって言うパターンが毎年です(>_<)
そして、贈るとしてもチョコばっかり大漁に貰ってもなぁ…って思っちゃうんですよね。更に、まぁさまには今更私なんぞから贈らなくても他の人から大量に貰うだろうし…と言うのもあります(^^;

まひろくんへはね、なんていうの?身内チョコみたいな?母が息子に、姉が弟に渡すようなイメージだったりします(笑)
で、私の選び方なんですが、今年のまひろくんへのもそうなんだけど、あげる時はあんまりチョコチョコしいのは選ばないようにしています。
今年は、まひろくんが新公で演じたテオドロスのセリフにちなんだイメージのものにしました。去年は可愛らしい金平糖だったかな?

デパートの特設会場内を見て回っていると、色々と試食させてくれたりとかして、見た目はいいんだけど甘すぎてダメだこりゃってなるのもあれば、見た目は地味だけどめちゃくちゃおいしいのもあったりして、今年もそんなものを自分用に買ったりしたんだけど、毎年気になりつつも未だ購入には至っていないチョコもあったりします。
今年もそのチョコを眺めながら、「まぁさまにあげるなら絶対これだよなぁ」と思いつつも、そう思っているのはきっと私だけじゃないだろうし、実際贈っている人もたくさんいるだろうなと思ったりもしていました。
送られてきたの全部集めたら、きっと太陽系だけじゃなくて銀河系を手に入れられちゃうかも(笑) (←これでどんなチョコなのかはお察し)

一度、ご贔屓さんの東京公演中にバレンタインって言うのを体験したいですね。そうしたら、四の五の言わずに購入して渡せるのに…。
ちなみに去年のまぁさまは東京公演前のお稽古中でしたね……。メッセージカードだけ送らせていただきました(それは今年も)。

仕事から帰ってきたら、まぁさまのエリザ東京お茶会のDVDが届いていて、逆に私がバレンタインプレゼントをもらった気分になっちゃいましたよ……(^^;



posted by KUMAMA at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする